ハワイのゴルファーの間でも大流行!激やせサプリでモデルダイエット!

激やせサプリを飲んでハワイのゴルフイメージキャラクターに選ばれるようなモデルのようになる事は可能です。

激やせサプリでモデルのように綺麗にダイエット

ダイエット情報を調べていると、一回の運動で継続して二十分以上運動を行わないと脂肪が燃えないので、運動をするのであれば二十分は運動を行うべきだ、という論をたまに見かけます。
しかし、私が数年かけてダイエットを行ったところ、二十分継続して運動をしなくても痩せることができるのです。

元々私は飽き性で継続して何かを行うのは非常に面倒だと思う人間です。

 

その結果、動く必要がないときは全く動きませんでしたので太りました。一年間で5キロくらい余裕で太れるのですが、さすがにこのままでは体がきついと思いダイエットを始めることにしたのです。
色々調べると、先程書いたとおり運動は二十分継続して行わないと意味がない、という壁に当たりました。動くのが苦手で面倒なのにどうしよう、食事制限を行うのは自分にあわないしなぁと思いつつ、二十分継続しなくてもとりあえず
動いてみたらいいんじゃないか、動くことにデメリットはないだろう、と思い、毎日ちょっとだけでも動くようにしたのです。

そもそも二十分継続して動くのは普通の人からしたら厳しいものがあると思います。最寄り駅まで歩くにしても片道二十分かかる人はあまりいないでしょうし、田舎の人は車通勤だと思うので動くことはめったにないでしょう。
私の周りでも二十分継続して動く人はあまりいないのですが、痩せている人の特徴としては少しでも何かあれば動くのです。

いっきにまとめて物事を済ますのではなく少しずつ色々と実行していく人が多いのです。
その痩せている人を見つつ、私もちょっとだけでも動くようにしたのです。

食事のとき、今まであれば水が欲しくても動くのが面倒だから飲まなくていいや、と思っていたのですが水をとるために動くようになりました。
食器も重ねて持っていってたものをこまめにちょっとずつ持っていくようにし、歩数を稼ぐようにしたり、面倒だから、とやらないようなことなどもちょっとずつやるようにしたのです。
激やせサプリはダイエットにも非常に効果的で多くの専門家からも推奨されています。

ただし、激やせモデルの件もありますし、過剰なダイエットは危険だという事は覚えておきましょう。

それはほんの数秒や数分だったりするのです。二十分は継続していません。
しかしそのちょっとでも動くこと、というのが功を奏したのか食べる量は変わっていないのに一ヶ月で一キロ減ったのです。

これが毎日二十分も継続して運動をしているのに一キロしか痩せていない、と思ってしまった場合私はダイエットをやめていたと思うのですが、ちょっとだけ動いてそれで一キロ痩せることができるのであればこれからも毎日継続してちょっとずつ動くとやせることができるんじゃないか、と思ったのです。

結果として一年間で8キロ痩せることができ、体が軽くなったので、そこからウォーキングを健康のために始めることもできるようになりました。
今は体重を維持しながら美味しい物を食べて生活をするようにしています。ちなみに激やせサプリを飲むのもダイエットの方法としては正しい選択肢の一つです。

ハワイでも流行っていますが、ゴルフをして激やせサプリを飲むダイエット方法は非常に効果的であり、その効果は専門家からも高い評価を得ています。

出来るだけ毎日、歩くことを心がけています。以前はやはり便利さを最優先して目的地まで到着していたのですが、歩くようになってから周囲の景色もゆっくりと見えて楽しみが増えています。そもそも何かしらの運動をしなくてはならないということになったのは、医師から内臓脂肪が付いてきているという指摘があったからです。

それまでは体力的にも楽をしたかったですし、おいしいものも食べたいという気持ちだったので、少しずつだったのでしょうが体に脂肪を蓄えてしまったことになります。いざ脂肪を取り除こうと意識しても、これが厄介で体重ベースでは現状維持をするのがやっとでそれよりダウンさせるのは難しくなってしまっています。

それでも内臓脂肪が多くつくと体特に臓器に負担がかかって三大成人病のリスクを高めると指摘を受けると、健康のために普段からできることをしなくてはならなくなりました。かといってダイエットのためにあまりお金を使いたくないですし、継続的にするには手頃な手段でいつでもできることの方がいいということで、歩くようにしています。

当初はダイエットを目的とした労働といった感じで歩かされていたのですが、次第に気分も上向いてきて少しの距離でも歩いた方がいいと感じるようになっています。以前のだらだらした生活をしていた自分からすると、見違えるようになっています。それからダイエットを日常的に意識するようになったので、食事にも気を配るようになっています。

やはりいくら歩いたとしても、摂取カロリーが多ければそれだけ脂肪になってしまいかねません。食事に関する専門的な知識はありませんが、大まかにどの食べ物がどれくらいのカロリーになるかを把握するようにはしています。そうすることで好きな食べ物というよりも体のためになる食べ物を優先して選ぶこともできるようになっています。

おかげでどんなおいしそうな食べ物があったとしても、これは体に悪いんじゃないかと思えてしまうこともあります。ジムに通うわけでもないので、毎日してダイエットや健康管理になるためのことをしています。生活の中に自然と取り入れることのできることなら、いつの間にか意識しなくとも勝手に行動できるようになってきますし、無理のない範囲でするようにしています。

あまり無理をすると、ストレスの反動は思いがけないことになってしまいがちですから、じわりとですが体にいいことを継続するように心がけています!

面倒くさがりやさんにもおすすめの、踏み台昇降ダイエット!

私は自他共に認める「面倒くさがり」な性格なのですが、そんな私でも3ヶ月で5キロの減量に成功したダイエット方法をご紹介したいと思います!

 

20代後半にさしかかって「太りやすく痩せにくい」体質になってしまいました。

具体的言うと、なんと、3年間で10キロも太ってしまったのです。

手持ちの洋服(特にボトムス)がことごとく入らなくなり、少し動いただけでもすぐに疲れるようになってしまいました。さすがになんとかして減量しなければと思い、ダイエットを始めることにしました。

 

しかしながら、今までにもダイエットを始めてみては、長続きせずに結果が出る前に挫折してきた思い出がたくさんあったので、正直、どうやって痩せれば良いのか分かりませんでした。

食べることが大好きなので、厳しい食事制限をしても長続きしないことは目に見えていたし、むしろストレスの反動で暴飲暴食してしまう可能性がありました。

また、運動も大嫌いなので、ジムに通ったり、ウォーキングをしたりとなると、着替えを持って出かける準備をして、という一連の準備段階ですでに挫折するだろうことは目に見えていました。

…今、自分で自分のことをこうして文章に書いていて、本当に嫌気がさしています。

なんというめんどうくさがりな性分なのでしょうか!これでは、太ってしまうのも当たり前と言われてしまっても仕方ありませんね。

 

しかし!そんな私でも、結果的に3ヶ月で5キロの減量に成功することができました。

一体どのような方法で痩せたのかというと「踏み台昇降ダイエット」です!やり方はとても簡単です。用意するものは、10センチ~15センチほどの踏み台だけ。あとはその段差を一歩ずつ昇って、降りて、を繰り返すだけです。

この踏み台なのですが、私は自宅の中にある階段の段差を利用しました。

なので、実質特に用意するものはなにもありませんでした。家の中に適当な段差が無い方は、捨てる予定の雑誌や教科書などを紐やガムテープでまとめて段差を作るのも良いと思います。

もっとしっかりとした造りの段差を利用したい方は、昇降運動用の器具が比較的廉価で販売されているようなので、将来の自分への投資と思って購入するのも良いかと思います。

 

実際にどのくらいの頻度で運動したのかと言うと、私の場合は毎晩夕食後に30分~45分程度、約13センチほどの段差で昇降運動を行いました。

なるべく毎日行うことを目標に、しかし都合によっては無理をせず、出来る範囲で行いましたが、3ヶ月で5キロの減量に成功しました!このダイエット方法の良いところは、とにかく「思い立ったらすぐできる」ということです。特に外出する準備も要りませんし、天候にも関係なく、自分の好きなタイミングで実行することができます。

私の場合は、音楽を聴きながらだったり、パソコンを持ってきてDVDを観ながら行ったことで、比較的すぐに時間が経ち、苦痛に感じることなく続けることができました。

面倒くさがりやの私でも続けることができたこのダイエット方法、ぜひ、騙されたとおもってやってみてください!

20代女子が実践しているダイエットの秘訣!

20代も半ばにさしかかり、仕事内容は農作業が中心ですが、体力を使うからか、食欲旺盛で一時期は5kgも半年間で増えてしまいました。このままでは、ボールのように転がってしまうくらい丸々としたおデブちゃんになってしまう!

と危機感を感じた私は、食生活を見直すことに決めました。

一般的に、一時の話題になるようなダイエット方法は基本的に続きません。

たとえば、バナナだけを食べるとか、炭水化物を抜くようなもの。実際に私の友人で管理栄養士の子がいますが、その子もダイエットをしているわけではないものの、炭水化物をほとんどとらず、栄養面はサプリで補っている子がいます。

しかし、もともとの遺伝によるものもあるでしょうが、その子はぽっちゃりしています。もちろん痩せているのが完全にダイエットの成功例とは言えないとは思いますが、なによりもそういったサプリなどにも頼らずに私はダイエットをしたいと思ったのです。

そこで実践したのは、和食中心の暮らしに切り替えて、小麦粉や砂糖の摂取を極力控えるようにしました。和食は出汁の味を一番に大切にするので、そこまで濃い味にすることはありません。

とは言え、定番の味付けといえば、砂糖とみりん、醤油。みりんだけでもいい物を使えば十分に甘いのですが、ここでは砂糖を使う時もミネラル分が含まれている洗双糖やきび糖にしたり、後は出来る限り、甘酒で代用するようにしました。

小麦粉を使った製品はまわりに溢れていて、パスタやうどん、麺類などにはほぼすべてに使われています。

おいしいのには違いないんですが、食べ終わったあとの血糖値がドカッとあがるわりに、そこまで腹持ちがよくないのがこの小麦粉製品のデメリットです。お米はその点、麺のように飲み込むことができないので、よく噛むのでお腹にいつまでも残ってくれています。

ちょっとした食事を変えることで完食もしないようになりました。完食をどうしてもしたいときでも、干し芋やドライフルーツなど自然の甘味があるものを食べるようにしています。あとは何と言っても適度な運動は欠かせません。

私は普段農作業をしているので、それだけでも十分に汗をかくのですが、加えて犬を飼い始め、自分を強制的にウォーキングへ行かせるようにしました。また飼った犬もジャックラッセルテリアという猟犬で運動量がすごい犬なので、この犬が満足するまでは散歩から帰れないというストイックさ。

近くにジムなどがあればそういう手段もとれたのですが、住んでいる地域にはそういう施設がないので、自分を運動するシステムづくりを自分でつくりあげるしかなかったのです。

これらを実践して、結果さらに半年後にはもとの体重に戻り、そこから体重は安定しています。

 

寝る前のホットミルクと夕食の炭水化物制限を組み合わせてダイエット

周りで炭水化物を制限して10キロ痩せた同僚がいたので、私も挑戦してみようと元は炭水化物を制限するダイエットを開始しました。

ただ炭水化物を完全に制限するのは難しいので朝昼は普通に食べるかは少し控えめにする位にし夕食だけは炭水化物、主に主食であるご飯やパン麺だけは食べないようにするダイエットを行っていました。

それだけでも少しは痩せたのですが、きちんと筋肉をつけたいと思ういい筋トレと有酸素運動を少し組み合わせて行い始めました。

体を動かすことを始めるとダイエットとしての効果は一気に高まり体のラインが変わったり、体重の減りもそれまでよりもスムーズになったのですが、代謝が上がるにつれてやはり食事を制限していることをが負担になってきました。

夜お腹が空いて目が覚めてしまうのです。

はじめのうちはなぜかわからなかったのですが途中からお腹がすきすぎているのだということに気づき夜目が覚めると野菜スープを飲んだり蜂蜜を舐めたり、少しカロリーを補ってやっと2度眠れるような状態でした。ただやはり夜中に目が覚めてしまうと睡眠の質が落ちるので、痩せる痩せない以前に昼間の生活がしんどくなってきてしまいました。

何か良い方法がないかと考えたときに昔から言われているよく眠れる飲み物としてのホットミルクに注目しました。

ミルクはタンパク質も豊富で私が今行っている筋トレと組み合わせるにはぴったりですし、疲労回復のアミノ酸が含まれていたり、もちろん安眠効果もあるので今の自分にはぴったりだと思いました。

普通に食事をしてさらにホットミルクも飲むとカロリー的にオーバーになりがちですが、この点私はすでに炭水化物を制限しているので1日のトータルカロリーから計算すれば問題がなさそうだと言うこともわかりました。

さらに睡眠中に筋肉の生成に必要な成長ホルモンをもっと出すためにホットミルクに少し蜂蜜を混ぜて飲むようにしています。

夜寝る直前に飲んでしまうとを消化の負担になるそうなのでお風呂上がりにホットミルクをゆっくり飲んでからきちんと歯を磨きストレッチやスキンケアなどをしてホットミルクを飲んでから30分以上経ってから眠るようにしています。

ホットミルクを飲み始めてから夜中に目が覚める事はなくなりました。

睡眠の質が上がったのはもちろんですが、私には長にも働いたようでそれまで悩んでいた便秘が解消され、思いがけないところですごい効果を目の当たりにしました。

便秘が解消したおかげでお腹がさらに平になりました。

 

高タンパクで低脂肪なお肉を食べて痩せる!

私は20歳くらいの時に、高タンパクで低脂肪なお肉を食べて痩せるというダイエット法を実践していました。

私は元々脂身の多いお肉があまり好きではなかったので、この高タンパクで低脂肪なお肉を食べて痩せるというダイエット法は私に合っているな~と思い実践しました。

そして私はほぼ毎日白米のご飯や精製された白い小麦粉で出来ているパンやうどんやそうめんや冷や麦やラーメンやインスタントラーメンなどの麺類、それから砂糖がたっぷりと含まれているケーキやクッキーやおまんじゅうやお餅やゼリーや飴などのお菓子、そしてトマトケチャップやめんつゆやドレッシングや砂糖や精製されたオイルや添加物が沢山含まれている調味料は食べないようにしました。

私はほぼ毎日、鶏肉のささみを鍋で茹でたものに塩を付けたりポン酢をかけたものを食べたり、レタスやトマトやタマネギなどの生野菜を食べるようにしたりしました。

私はとにかくダイエットの為に、高タンパクで低脂肪なお肉と言えば鶏肉のささみだと思っていたので、ほとんど毎日のように鶏肉のささみを食べていました。

その他に鶏肉の胸肉で作られているサラダチキンをよく食べていました。塩味のプレーンな味付けのものや黒コショウ味やレモン味などのサラダチキンをよく食べていました。

サラダチキンは、すでに加熱されている鶏肉で味付けもされているものだったので、お腹が空いた時にすぐに食べることが出来たので便利で良いな~と思いながら買って食べていました。

そしてコンビニで売っているスモークチキンもたまに食べていました。

スモークチキンは皮の部分に脂身が付いているので、その脂身を取って食べるようにしていました。

それから鶏肉の他には、豚肉のかたまり肉の焼き豚をたまに食べていました。豚肉のかたまり肉の焼き豚は、脂肪がほとんど付いていないのでこのお肉も高タンパクで低脂肪で良いかな~と思って食べていました。

それからサラダを食べたい時はコンビニに売っている野菜サラダを買って食べたりしていました。私はこのようにほぼ毎日高タンパク質で低脂肪なお肉と生野菜のサラダを食べ続けると、体重はかなり減ってダイエットに成功することが出来ました。

やはりお肉は太りづらい食べ物なんだな~と思いました。

お肉を食べて太るというのは、脂身の多いお肉を食べているからだと思いました。またお肉ダイエットをして脚をほっそりと細くして痩せてみたいな~と思っています。

ダイエットをはじめて以来、生理が軽くなっている?

ダイエットを始めて以来、生理が軽くなりましたよ。けれどもそれはいいのか悪いのかわかりません。

まあ、子供は産み終えていますから、排卵がなくなろうが「まーいいかなー」とは思えるところはあるのです。

けれども「健康面」を考えますと、生理がこなくなるのはこわいですってば。だってまだ閉経には早すぎる年齢ですから。

 

それに最近でも、若い年齢で亡くなった芸能人がちらほらといるじゃないですか。

そしてニュースなどで取り上げられているじゃないですか。ですから気になってしまっているのです。ダイエットによって生理がこなくなっているという現状が。

 

まあ私の場合は、生理が軽かったりこなくなったりしている原因が、おそらく「ダイエットを始めたから」というところにあるので、まあわかりやすいとも言えるでしょうか。

ちゃんと食べて、ちゃんと運動をしているのにもかかわらず、そしてまたまだ若いのにもかかわらず、「生理がこない」という状態じゃあありませんからね。

 

まあダイエットを始めたからなのでしょう。

それでもダイエットをはじめてからの1回目の生理は、まあわりとまともにきたのです。

経血の量も特別少ないというものではなかったものですし。けれどもまあ今回ですよ。いよいよ生理がたった1日で終わるという状態です。

 

まあべつに「それでも気にすることはないのかなー」と思っている節はありますよ。

さっきも言いましたように、子供はもうおりますしこれ以上子供を産みたいとは、とくに思っていませんから。

しかしながら、気になるのは健康ですよ。

 

そこを考えたら、ダイエットなんてしなくてもいいのかもしれませんけれど。

しかし私は現在「標準体重ゾーン」の中でも「やや肥満」にかかっているところに位置していますので、せめてあと3kgは痩せたいと思っているわけです。

それなので、ダイエットをしているわけなのですが、しかしまあわかりやすいところで生理に影響が出ていますからね。

 

見た目の美しさおよび身体の動きやすさを考えますと、ダイエットをすることは必要なわけですけれど、しかし気になっているのは「生理」です。やっぱり女性ですから、生理がこないということには過敏にもなりますよ。

生理は好きではなくて、むしろ嫌いな部類ではあるのですけれどね。

しかし如実に「健康」をわかるバロメーター的なところがあるじゃないですか。

 

しかしかといって、ここまで頑張ったダイエットをやめるのは惜しい。

というか怖いのでまあしばらくはダイエットまだ頑張ります。生理のことは気になってはいるのですが。

 

 

誰でも簡単に出来る!炭水化物ダイエット

世の中色々なダイエット方法がありますが、運動中心のダイエットや食事制限などで続かない、効果は出てもリバウンドしてしまうなどで結局痩せることができない事がありました。私もそうでした。

体重が80キロを越えてしまい、10年前は60キロ前後だったのに、運動不足や食べ過ぎ、ストレスなどで毎年増加していってます。何度も痩せなきゃと思い、ダイエットをしましたが継続できませんでした。

多少の効果はあっても、すぐに諦めてしまい、リバウンドする結果になってしまいました。ダイエットとリバウンドを繰り返すと以前より太りやすい体質になっていきます。

その為、ダイエットはきちんと継続させてリバウンドしない体を作らないと非常に危険なのです。適度な運動が一番ですが、仕事などもありなかなか難しく、継続ができないので私は、炭水化物ダイエットに挑戦してみました。

炭水化物ダイエットとは、単純に炭水化物を摂取しないダイエット方法です。お米やパン、パスタ、ラーメン、うどんなどを食べずに、おかずやスープ、サラダなどを食べるダイエットになります。一食だけでも効果はありますが、三食すべて実施した方が効果は歴然です。一食だけにするならば夕食にするのがオススメです。

やはり、睡眠前に食事をするのは太る原因の一つなので、一食だけの炭水化物ダイエットならば、夕食に実施しましょう。炭水化物を全く取らないと痩せますが体的にまいってしまうので、適度に食べることをお勧めします。

炭水化物をとらないと糖の摂取ができなくなるので脳に糖分がまわらなくなってしまいます。

筋肉もおとしてしまうので週に1日は、普通に炭水化物を取りましょう。がんばったご褒美にもなるので継続できます。炭水化物を取らない以外はどれだけ量を食べても大丈夫ですが、腹八分目を心掛けましょう。それと、サラダはなるべく毎日食べることをお勧めします。一番最初にサラダを食べてから他の物を食べると、より効果的です。これを5日から一週間続けるだけでかなりの効果が出るはずです。私の場合は一週間で5キロ落ちました。

ご飯以外ならば揚げ物でもステーキでも食べられるので、私はストレスを感じることがなく継続しています。このダイエットを始めて半年で体重が58キロまで落ちました。

今では、夕食のみの実施ですがリバウンドもせずに痩せられました。ダイエットは無理なく、自分に合った方法が一番です。

私は簡単に出来て効果の高い炭水化物ダイエットをお勧めします。

昔の自分を取り戻しましょう。